三田

  • 印刷
新緑の中、リレーマラソンでたすきをつなぐ参加者=三田市尼寺、有馬富士公園休養ゾーン
拡大
新緑の中、リレーマラソンでたすきをつなぐ参加者=三田市尼寺、有馬富士公園休養ゾーン

 グループで新緑の山野を駆ける「有馬富士公園リレーマラソン」が15日、兵庫県三田市尼寺の同公園休養ゾーンで開かれた。2016年に始まり、3回目。市内外の124チーム545人が参加し、雨上がりの新緑がまぶしい山々を背景に気持ちの良い汗を流した。

 大会は小学生(5キロ)▽家族(同)▽ハーフ(21・0975キロ)▽フル(42・195キロ)-の4部門あり、1周1キロの大芝生広場を周回するコースで行われた。

 大会実行委員会によると、今年は家族の部に53チーム172人が参加し、昨年の2倍近くになったという。

 3年連続参加の会社員男性(37)=同市=は家族4人で完走。長男(9)は「上り坂はつらかったけど、木々の中を走るコースは楽しかった」と振り返った。

 武庫小学校の女児らは近所の仲良し5人組で初参加。5人は「目標の25分を切るタイムを出せてうれしい。来年の大会も頑張りたい」と息を弾ませた。(高見雄樹)

三田の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 10%

  • 37℃
  • 25℃
  • 10%

  • 36℃
  • 27℃
  • 10%

  • 38℃
  • 27℃
  • 10%

お知らせ