明石

  • 印刷
明石市自治基本条例の運用について課題などを説明する松本誠さん=ウィズあかし
明石市自治基本条例の運用について課題などを説明する松本誠さん=ウィズあかし

 「自治体の憲法」とも呼ばれ、まちづくりの基本原則を示す「自治基本条例」について、兵庫県明石市の条例運用を考える勉強会が15日、東仲ノ町のウィズあかし(アスピア明石北館)で開かれた。市民検証会議の元委員が、改善点を盛り込んだ報告書の概要を説明。市政への市民の参画や協働のまちづくり、情報共有の重要性を訴えた。

 政策提言を目指す市民団体「市民自治あかし」が主催する「市民まちづくり連続講座」の8回目。2010年に施行された明石市の条例は、施行後5年を超えない期間ごとに内容が社会情勢に適合しているかどうかを検証することを掲げる。規定に基づき、学識経験者や市民らでつくる検証会議が2015年から9回開かれ、昨年3月に18項目の改善点をまとめた報告書が市に提出された。

明石の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 10%

  • 37℃
  • 25℃
  • 10%

  • 36℃
  • 27℃
  • 10%

  • 38℃
  • 27℃
  • 10%

お知らせ